おもいっきり 北信
21世紀の日本が活力と魅力ある国となるためには地方が発展して、今までの中央から地方へという情報発信の流れを逆転させなければなりません。

私は、昭和61年に「北信21」という本を出して、「北信100万人都市圏構想」を発表しました。詳しくは後述の通りですが、これは長野市を中核とした北信の市町村の個性化と、それを連結する交通 網と高度情報通信ネットワークの整備により100万人の都市圏域を誕生させ、産業、経済と文化の発展を目指すという提案です。

これからは画一化された社会システムや文化は価値が薄れ、地方の個性ある発展の総和が日本のエネルギーとなる時代です。高速道や新幹線が開通 し、冬季オリンピックを成功させた北信地域のエネルギーを「オリンピック以後」にも持続させなければなりません。「おもいっきり 北信!」は私の公約です、全力でやらせてください。

omoikkiri